双子がほしい方にも

woman feeling headache

クロミッドの副作用として「多児妊娠の可能性が高くなる」というものがあります。
多児、双子以上の子どもを授かる可能性があるということですね。排卵が促されることで不妊治療に用いられている排卵誘発剤ですが、複数個の卵子が排出されるために、多児妊娠の可能性が上がるようです。医師の立場からすると、多児妊娠は妊娠期間中および出産においても、母子ともに負担が大きく副作用として考えられています。

それに対して、双子の妊娠・出産に憧れている女性も少なくはないというのも事実です。そんな女性達からすれば、双子を妊娠できる可能性が上がるのであれば嬉しい効果ですよね。双子を授かりたいと願っても、基本的には自然排卵では1つの卵子しか排卵されませんし、何か体に変化があって2個以上の排卵が起きたり、精子が2つ同時に受精するなんて本当に少ない可能性です。その可能性を少しでも高められるのならば挑戦してみたいと思う女性もいるかもしれませんね。
実際に排卵誘発剤やクロミッドの検索をしてみると、加えて「双子」というキーワードもあがってきます。不妊治療の必要がなくても興味を持っている女性もいるかもしれません。
排卵が複数個されることによって可能性が上がるのが、二卵性双生児が産まれることです。
自然排卵による二卵性双生児が産まれる確率は1%なのに対し、クロミッドなどの内服するタイプの排卵誘発剤による確率は5%です。双子を望むならクロミッドなどの排卵誘発剤を試してみたいなという考えになるのかもしれませんね。