排卵を助ける

women feel anxious

不妊治療で用いられる排卵誘発剤は、排卵障害に効果的であるとして、不妊治療に取り組む多くの方に処方されます。
排卵障害には、卵子が成熟しなかったり、卵子が排卵されないなどの状況があります。これに対して排卵誘発剤は、卵子の成熟を促したり、排卵を促す効果があります。
排卵誘発剤の中でもよく知られているのが「クロミッド」という内服薬で、卵子の成熟を促す作用だけでなく、排卵を促す効果も期待できます。排卵をしないことには、セックスをしたとしても受精することはありえませんから、妊娠の第一歩をサポートしてくれる薬ですね。
1個以上の排卵が期待でき、時には2~4個の卵子が排卵されることもあるようです。そして確実な周期で排卵がされるので排卵日の予想をつけやすく、その分妊娠の確率も上げられるでしょう。
生理が始まってからの3~5日後に1日1~3錠の服用を開始し、5日間服用します。毎日服用を続けなくてはいけない薬だと、飲み忘れて効果が得られなかったり、金銭的な負担が大きくなることが考えられますが、クロミッドではそのような心配はいりません。

また、服用時の吐き気や頭痛などの副作用は出にくい薬と言われているので、精神的な負担も少なくて済みそうです。
長期的な服用により、子宮内膜が薄くなったり、子宮頸管粘液が少なくなってしまうなど妊娠しにくくなる副作用もあるようですが、数周期の服用をした後、服用しない周期を設けたりすることで、副作用の影響を軽減することができます。